読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てとエンドレスワンダーラスト

ホテル宿泊記・ヒコーキ搭乗記・世界放浪旅行。Hotels, Stays, Airlines, and Trips All Around the World.

病みつきになる快適性!バニラエア913便・リラックスシート・搭乗記(東京成田→新千歳)/JW913 Relax Seat NRT→CTS

f:id:juneflyday:20161205120642j:plain

前回のJALの15A席に乗って以来、すっかり広い席にハマってしまった私。今回は例によってホテル修行と観光を兼ねて北海道へ。往路ではバニラエアを利用しましたが、バニラエアの「リラックスシート」もなかなかの座り心地だったのでレポしておきます。

 

リラックスシートとは

バニラエア(JW)はLCCですが、他のLCCと同様に非常口席などのシートピッチが広い席を追加料金を徴取する形で売り出しています。JWは座席タイプは2種類しかなく、リラックスシートもしくはスタンダードシートのみとなっている。

f:id:juneflyday:20161207181610p:plain

また、非常口付近の座席の場合、搭乗者は非常時にクルーの手伝いをしなければならないので、搭乗の条件に制限があります。この制限が設けられることは国・航空会社を問わず同様で、健常な成人ならまず可能かと思いますが、乗られる前に航空会社のサイトなどから確認をされたし。

機材・シートマップ|サービス紹介 | バニラエア Vanilla Air - 国内 海外 レジャー・リゾート路線のLCC 格安航空券の検索・予約

 

座席指定

今回はまずセール時にスタンダードシートにて購入。この時点では総額4460円。

その後、搭乗間近という日に、座席変更もできることを思い出し運良く非常口席を購入できました。

f:id:juneflyday:20161207181608p:plain

シートマップはこちら。JWでは11,12,31列目ではリクライニングができないので注意。同じリラックスシートでも12列目だとリクライニングできないので要注意ですね。

今回私は14列目を購入。1列目よりも14列目のほうが足元が広いらしい、という噂を事前にネットで仕入れていました。笑

 

f:id:juneflyday:20161207181609p:plain

JWの国内線は、スタンダードシートの指定料が500円、リラックスシートだと1000円。後からリラックスシートに変更する場合は500円追加で支払えばOKなので、座席指定済みのチケットを持っていれば実質500円でアップグレードできたことになります。

f:id:juneflyday:20161207190232p:plain

搭乗

さていよいよ当日。JWは成田の第3ターミナルから。

f:id:juneflyday:20161205114431j:plain

第2ターミナルからこの第3ターミナルに来るまでのひと手間が面倒なんだが、まぁそれは安さとの兼ね合いということで。

f:id:juneflyday:20161205114440j:plain

デルタのニッポン500マイルキャンペーンに応募するためペーパーの搭乗券が必要なので、WEBチェックインはせずに空港で。通常ならこの機械で可能なんですが、非常口席だと当日の体調確認が必要とのことで、有人カウンターでないと発行できないとのこと。

f:id:juneflyday:20161207190837j:plain

無事チケットをゲット。EmergencyのE(?)が仰々しく書かれていますw

ちなみにこの時キッチリと持ち込み手荷物の重量と寸法を測定されましたので、要注意です。自分はギリギリセーフでした。

f:id:juneflyday:20161205115833j:plain

いよいよ搭乗開始。

f:id:juneflyday:20161205120246j:plain

ターミナルからはバスで飛行機へ向かいましたが、こんな近くなら歩かせてもいいのにと思ったりw

 

f:id:juneflyday:20161205120135j:plain

f:id:juneflyday:20161205120427j:plain

いよいよ乗ります。

f:id:juneflyday:20161205120547j:plain

機内はLCCらしい全席革張りの簡素なシート。昔はJWは布生地のシートがあったんだが・・・今はなくなってしまったのかな?

f:id:juneflyday:20161207190828j:plain

14Fを発見。

 

f:id:juneflyday:20161205120626j:plain

見るからに広いですね。

 

f:id:juneflyday:20161205121230j:plain

足を伸ばしても、足を組んでもまだ余裕があります

f:id:juneflyday:20161205122159j:plain

私が乗ったときは隣の通路側に女性が一人いただけ。12列目は誰もいませんでした。500円追加でこんなに楽なら、とは思いつつLCCだと500円の差って大きいですよね。

f:id:juneflyday:20161205123940j:plain

この日は搭乗率はイマイチ。空席がちらほら目立ちました。

と、席でゆっくりしていると、CAさんから「本日はご搭乗ありがとうございます」と挨拶があり、非常口席に座る場合は万が一の時に手伝いをして欲しい旨の説明がありました。手伝うことがないことを願うばかりですw

 

f:id:juneflyday:20161205122217j:plain

いよいよ出発。定刻通りです。

f:id:juneflyday:20161205124620j:plain

飛びました。

f:id:juneflyday:20161205125037j:plain

f:id:juneflyday:20161205125548j:plain

離陸後15分程度でシートベルトサインが消えて、テーブルを出してみる。この日は出発時も到着時もラウンジに寄ったので、特に何も注文せず。まだ足元に余裕があります。

f:id:juneflyday:20161205125609j:plain

非常口席に座るときの同意事項。援助をするということは、自分は最初には逃げられないのね!?という良からぬことが頭をよぎりますw

 

f:id:juneflyday:20161205125956p:plain

離陸後40分でこのくらいですが・・

f:id:juneflyday:20161205133220p:plain

1時間後にはもうここに。

f:id:juneflyday:20161205134346p:plain

f:id:juneflyday:20161205134427j:plain

順調に降下中。

f:id:juneflyday:20161205135206j:plain

そろそろ千歳が見えてきました。この日は太平洋側の座席のため、洞爺湖など風光明媚なところとは反対側のため見えずorz

f:id:juneflyday:20161205135257j:plain

f:id:juneflyday:20161205135608j:plain

降りました。雪が全然なくて拍子抜けです。

f:id:juneflyday:20161205135837j:plain

到着時に最後にパシャリ。

f:id:juneflyday:20161205140538j:plain

さすがANA系の会社なので隣もANA

f:id:juneflyday:20161205140634j:plain

国内線ゲートの一番左端でしたw

f:id:juneflyday:20161205141614j:plain

CTSは実は関空並みにショップや施設が充実していて、いつも到着したらさっさと札幌に向かっていた自分は去年初めて知りました。

おまけ

f:id:juneflyday:20161205145123j:plain

北海道の食と言えばジンギスカン!ということで、今回は自分で焼くほうのジンギスカン屋に来てみました。

f:id:juneflyday:20161207023847j:plain

ラム肉の一番小さいセットを頼みましたが、いやぁ美味しゅうございました。空港価格でちょっとお高いですけどね。

f:id:juneflyday:20160105174524j:plain

同じ店がフードコートにも出していて、ちょうど去年の冬来たことがあったのだが、この時食べたジンギスカン丼よりも断然美味しかった

f:id:juneflyday:20160105174722j:plain

これはジンギスカン丼の小どんぶりで、確か600円程度だったかと思います。時間があって美味しいもののほうが良い方にはフードコートではなくレストランのほうをオススメします。

まとめ

初めてバニラ・エアで高いシートを指定してみましたが、これはハマりそうです。というか既にハマってしまいましたw 今後LCCに乗る時はできるだけ非常口席に座ろう!と決め、既に次に乗る香港エクスプレスも2000円払ってアップグレードしてしまう始末。そのくらいシートピッチが広い席はおすすめです。新千歳までの1.5時間があっという間に感じられました。

国内線LCCなら数百円の差額で済みますし、特に那覇や新千歳など1時間以上のフライトならば、ぜひお試しあれ。