読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てとエンドレスワンダーラスト

ホテル宿泊記・ヒコーキ搭乗記・世界放浪旅行。Hotels, Stays, Airlines, and Trips All Around the World.

JALプライベートリゾートオクマ 宿泊記(後編)/JAL PRIVATE RESORT OKUMA

f:id:juneflyday:20170110043429j:plain

JALホテルの奥座敷?プライベートリゾートオクマ。前編に引き続き、後編では部屋と食事について。

endlesswanderlust.hatenablog.com

 

部屋

www.jalokuma.co.jp

 

f:id:juneflyday:20170117060950j:plain

こちらのホテルは全室コテージタイプということになっていて、上からグランドコテージ、ガーデンヴィラ、メインコテージ、パームコテージというグレードで分かれている。コテージとは言っても一部屋ごとに建物が独立しているということではなく、別の階には別の部屋があったりするわけだが、こういうタイプのホテルもなかなかモーテルのようで新鮮。

 

今回は最安値のパームコテージに宿泊。閑散期の最安値とは言っても二人で2万弱なので、そこそこのレート。

f:id:juneflyday:20170110043432j:plain

私は3歳以来ということですが、なんとなく・・見た覚えがあるようなないような。

 

f:id:juneflyday:20170110043428j:plain

建物の構造としては、コテージというよりアパートに近いような? 最上階でも2階までしかありません。

 

f:id:juneflyday:20170110043431j:plain

天気のせいと塗装のせいか、なんとなく郊外にあるファッションホテルにも見えるような・・笑

 

f:id:juneflyday:20170110043419j:plain

f:id:juneflyday:20170110043420j:plain

部屋は郊外のホテルなので、最低カテゴリでも広い(29m²とのこと)。部屋は懐かしいリゾートホテルといった趣。鍵が一つしかないので、お出かけの際注意してくださいとのことw ちなみにドアはアナログ式。

 

f:id:juneflyday:20170110043429j:plain

小さいながらもバルコニーがついていて、微かに海岸を臨むことができる。

f:id:juneflyday:20170110043427j:plain

バルコニーから左横を撮影したところ。芝生と池がゴルフ場のようにも見えます。

 

f:id:juneflyday:20170110043422j:plain

水回りも広め。少し古さも感じるが、さすがJALだけあってよく清掃されている。

 

f:id:juneflyday:20170110043424j:plain

f:id:juneflyday:20170110043423j:plain

足を伸ばせるバスタブと、アメニティが一通り揃っているので私は文句ないです。

 

f:id:juneflyday:20170110043421j:plain

クローゼットも完備。

f:id:juneflyday:20170110043430j:plain

傘や靴ベラがあるあたり、抜かりないですね。

 

f:id:juneflyday:20170110043425j:plain

部屋のドリンクこそ寂しいですがw

 

f:id:juneflyday:20170110043433j:plain

パームコテージの目の前には、セルフランドリーと製氷機あり。この点は個人的には評価大。バジェットトラベラーにとって、セルフランドリーは本当に重要です。

 

f:id:juneflyday:20170110043434j:plain

いい感じに日が暮れてきました。

 

f:id:juneflyday:20170110043444j:plain

夜の照明はファッションホテルっぽさはなくw、落ち着いた良い雰囲気。

 

食事

f:id:juneflyday:20170110043450j:plain

夕飯はホテル内の沖縄料理屋へ。徒歩圏内にいくつか小料理屋のようなところはあるらしいのだが、ここまで来てねぇ・・ということで。ちなみに、以前はフロント横にバーもあったらしいのだが、フロントの人曰く廃止されてしまったそうな。

 

f:id:juneflyday:20170110043449j:plain

沖縄料理「おかめ」は、中は家庭的な沖縄居酒屋というような雰囲気。

 

f:id:juneflyday:20170110043446j:plain

父のおごりなので泡盛もキュキュっと4杯くらい飲んじゃいましたw

 

f:id:juneflyday:20170110043447j:plain

f:id:juneflyday:20170110043448j:plain

こちらの料理、さすがホテル内の料理屋だけあって、どれも手が込んでいて旨かったですよ。

 

翌朝は「サーフサイド・カフェ」にて朝食。

f:id:juneflyday:20170110043451j:plain

f:id:juneflyday:20170110043457j:plain

何かの頭(魚は詳しくなくてすみません・・)やら、

 

f:id:juneflyday:20170110043456j:plain

各種沖縄料理やらエッグステーションもあり、さすがJALホテル!といった具合で充実しています。

 

f:id:juneflyday:20170110043453j:plain

海ブドウともずくが好物の私はこれでもかというくらい食べましたw

 

f:id:juneflyday:20170110043452j:plain

田舎のホテルですが、ここまでやるのは頑張っているなぁという感じがします。

 

f:id:juneflyday:20170110043454j:plain

ゴーヤチャンプル、琉球豚の角煮、沖縄風焼きそばなど、満腹になるまでいただきました。

 

f:id:juneflyday:20170110043455j:plain

父曰く、以前泊まった時よりも全体的にダウングレードしていてガッカリ!と言われてしまったが、私はかなり満足。朝食は昨日のクラウンプラザより明らかに良かったですよ。

 

f:id:juneflyday:20170110043458j:plain

午後発の飛行機に備え、9時半にはホテルをあとにしました。

 

まとめ

総合的には、街から離れているとは言えさすがJALブランドを冠しているだけあって、古くてもよくメンテナンスされているホテルだなと感させてくれた。ホテルの人曰く夏は満室続きだそうで、今回は冬で天候がイマイチだったが、確かに夏に来たら楽しいだろうなぁと思いました。ただ、唯一残念だったのが、部屋のWi-Fiが遅すぎた点。ホテルの人も「何分田舎ですので遅いですが・・」と仰るくらいで、1Mpbsに届いていないほど。ここまで来てネットサーフィンに興じるにもどうかとは思うが、一応改善要望としてはレビューに書いておいた。 ともあれ、ここは夏にでもまた来たいなーと思ったし、良いホテルには違いない。今度は父ではなく別の人と・・。笑

 

【JALプライベートリゾートオクマ

www.jalokuma.co.jp