読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てとエンドレスワンダーラスト

ホテル宿泊記・ヒコーキ搭乗記・世界放浪旅行。Hotels, Stays, Airlines, and Trips All Around the World.

飛んで飛んで飛んで回って回って回る? UA国内線特典大回り旅行に挑戦!

f:id:juneflyday:20170120035345g:plain

マイラー界では有名な?知る人ぞ知る、ユナイテッド航空(UA)のお得な特典航空券について。私も先日、思い切って発券してみました。

 

UAの国内線特典航空券について

UAはアメリカの航空会社ですが、スターアライアンスに属しており日本のANAのチケットを特典航空券として取るができます。ここまでは普通の話ですが、以下のような特徴があります。詳細な説明は、『マイルで得得』さんの記事が参考になります。

マイレージプラス、ANA国内線特典航空券の徹底ガイド

私なりにメリットを整理すると、

 

①必要マイル数が少ない

UAマイレージプラス(Mileage Plus)から予約する場合、 日本国内線限定で片道800距離マイル以下なら5000マイルで発券できます。往復の場合は10000マイル800距離マイル(≒1200km)というのは、羽田から計算すると、ざっくり言えば沖縄以北のANA就航地ならどこにでも行けることになります。日本って狭いですね笑

ANA本家のマイルの特典では、片道600距離マイルまでローシーズンなら5000マイルですが、ハイシーズンだと7500マイル必要になります。また片道600~1600距離マイルは最低でも片道6000マイルが必要になってきます。

これに対し、UAならば、片道800距離マイルまで季節関係なく5000マイルで足りるのでお得といえます。しかもこれ、どうやら日本だけの特典のようで、北米やヨーロッパで同じことをやると倍以上のマイルが必要になるようです。嬉しいことに、現在のところ空港税等も徴取されません

 

②片道3フライトまで乗れる

こちらのメリットのほうが大きいと思うのですが、実はUAの場合、距離計算は、「全旅程のフライト距離」ではなく、「出発空港から到着空港までの直行距離」ということになります。

例えば、東京から札幌を経由して福岡へ行く場合、東京→札幌→福岡のフライト距離は800マイルを超えてしまいますが、直行距離ならば800マイル以下という計算になり、実際には800マイル以上の距離を少ないマイルで飛ぶことができます

しかも、出発空港から到着空港まで最大2回の乗り継ぎ(=最大3フライト)まで認められているので、例えば東京から札幌に行く場合でも、東京→大阪→福岡→札幌、というふうに飛ぶことも理屈上は可能なわけです。

 

ただし、注意点として気を付けなければならないのは以下の点。

 

①経由地ではストップオーバー(12時間以上の滞在)が不可・・可能な場合もあり?

例えば、東京から札幌へ大阪経由で行く場合、大阪では12時間以上の滞在はできません、というのが公式のルール。

しかし、オンラインで検索すると、実際には12時間以上フライトの間隔があいたプランも出てきます。オンライン上では、どうやら24時間以上のストップオーバーが不可との設定がされているようです。

24時間滞在できない・・というのは、逆に言えば23時間までなら滞在可能なわけで、夕方に経由地に着いて翌日の昼間に出発するような旅程であれば、十分一泊することができますし簡単な観光もできるのではないでしょうか。w

 

②出発日が発券日の21日前以内の場合、緊急発券手数料がかかる(金額はUAでのステータスに応じて)

これについては、出発の3週間前をきってしまうと、緊急発券手数料がかかると覚えておけば大丈夫でしょう。また、コールセンターを経由して発券した場合も別途手数料がかかります。

マイレージプラス、特典航空券変更・キャンセル手数料一覧

 

どんなルートが出てくるか?

以上のことを念頭に置いて、どんなルートが出てくるか、早速UAのサイトから検索してみましょう。

www.united.com

UAの日本語トップページから、

 

f:id:juneflyday:20170120002917j:plain

出発地、目的地、日付を入力し、「特典旅行の検索」にチェックを入れます。

 

UAアプリからも検索ができます。

f:id:juneflyday:20170119220725p:plain

 UAアプリの場合も、Search award travel(特典旅行を検索)にチェックを入れます。ちなみに、UAアプリは使い勝手はなかなか良いのですが、日本語には対応していません。

 

試しに、東京(羽田)―札幌で検索すると、

f:id:juneflyday:20170120004603j:plain

最初はANAの直行便がずらっと出てきます。AirDoはANAと提携があるので、AirDoの便も取れます。この先が面白いところですが、

 

ページを追うと・・

f:id:juneflyday:20170120004605j:plain

函館経由で札幌に行く便が出てきました。函館からはボンバルディアに乗れちゃいます。

 

f:id:juneflyday:20170120004608j:plain

最後のページに行くと、18時間かけて札幌に行く旅程が出てきましたw これも5000マイルで乗れちゃいます。

関空で15時間の乗り継ぎがあるので、軽く大阪観光とホテル修行が可能です笑

しかし、羽田―札幌の場合、1経由地のプランしか出ないようです。

 

では、成田発の場合はどうか?

f:id:juneflyday:20170120004939j:plain

成田発の場合は、最初から乗り継ぎ旅程がワンサカ出てきましたが、19旅程しか表示されず。実は成田発の国内線フライトは路線が限られているので、羽田よりも乗り継ぎ旅程が出てきやすいのです。

 

私がいろいろ検索した中で見つけたおもしろいプランをいくつか紹介。

f:id:juneflyday:20170120005521j:plain

こちらは成田ー福岡―大阪―高知という旅程で、福岡―大阪はIBEXというANAとの提携会社のリージョナルジェットに乗れ、大阪ー高知では珍しいプロペラ機に乗れますw

f:id:juneflyday:20170120010013j:plain

f:id:juneflyday:20170120010015j:plain

 

また、発着が少ない地方空港同士を組み合わせても面白いことが起きます

f:id:juneflyday:20170120010610j:plain

北九州~仙台に行くのに、北九州―東京―大阪―仙台という旅程ですw

このシステム、とにかく出発地と到着地を変えて検索すると面白い旅程が大量に出てくるので、妄想旅行にはもちろん、実際の旅行としても楽しめると思います。また、乗り継ぎ時間や使用機材、空港の変更などが表示される点も秀逸です

関西在住の方なら、伊丹/関空/神戸と出発空港を変えるだけでもかなりのバリエーションが出てくるでしょう。

 

東京(成田)―福岡―那覇―鹿児島、で発券!

さて、散々検索システムで遊んだあとw私はどうしたかというと、鹿児島までのチケットを取ることにしました。鹿児島の理由は、47都道府県制覇を狙っており、九州のなかで未訪問の佐賀・大分・宮崎・鹿児島のなかで最も温暖そうで観光地も多そうなところだったから。これでまた訪問済み県が増えます。また、上記に倣って、成田発にしてみました。

 

成田ー鹿児島も、御多分に漏れず、面白い旅程がたくさん出てきますw

f:id:juneflyday:20170120011744j:plain

成田―新潟―伊丹―鹿児島

 

f:id:juneflyday:20170120011821j:plain

成田―仙台―大阪―鹿児島

成田から仙台なんてルートに飛んでいたんですね!この時初めて知りましたw

 

f:id:juneflyday:20170120011910j:plain

成田―福岡―名古屋―鹿児島

 

f:id:juneflyday:20170120011957j:plain

成田―札幌―大阪―鹿児島

 

どうやら、経由地として大阪、札幌、名古屋などが出てくることが多いようです。さて、どれも行ったことがある私、納得できずさらに検索をかけるます。すると・・

 

f:id:juneflyday:20170120012615j:plain

成田―福岡―沖縄―鹿児島。こんなプランが出ました。沖縄―鹿児島はスカイネットアジア、つまりソラシドエアの運航ですね。

 

福岡には飛行機ファンには有名な天ぷら屋「ひらお」があるのをTwitterで見ていましたし、沖縄はホテルも多く、食べ物も旨い。

店舗のご案内 - 天ぷらひらお

 

ということで、このプランに決定しました。福岡で天ぷらが食べれて、沖縄でホテル修行ができる上に沖縄料理が食べれるとは、大回り旅行の仕方としては私にとって大変有意義です。笑

 

申し込みを完了すると、UAから即座に発券処理中とのメールが送られてきます。

f:id:juneflyday:20170120013241j:plain

 

そしてその数分後には、英語のE-ticketが送られてきます。

f:id:juneflyday:20170120013700j:plain

よかった、おかしな日程ですが、無事発券されました。

これで5000マイルですから、本当にお得だと思います。UAマイルの貯め方としては、主に①UAマイレージプラスのクレジットカード決済(日本だとセゾンが発行している)、②マリオットリワードポイントからの交換、が有名なようですが、私はKaligo経由で1000マイル、IHGのポイント20000→2000マイルに換えました。これについては機会を改めて詳しく。

 

ちなみに、座席指定はこの時点ではできず、発券後にANAの国際線デスクに電話する必要があるそうですが、私は非常口席狙いなので、当日空港で突撃したいと思っています。w

 

その様子も含め、無事旅行が終わったら搭乗記もアップする予定ですので、乞うご期待!!

(2017.2.14 追記) 実際のフライトの様子をアップしました。

endlesswanderlust.hatenablog.com