読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てとエンドレスワンダーラスト

ホテル宿泊記・ヒコーキ搭乗記・世界放浪旅行。Hotels, Stays, Airlines, and Trips All Around the World.

IHGの中国限定ブランド"HUALUXE"とはどんなホテルか?

今回は久しぶりにホテルネタを。

ワタクシ、去年IHGを皮切りにホテル修行を始めてからというものすっかりハマってしまい、最終的にはSPGメインということで落ち着き、IHGは上級会員のメリットなし!ということであまり利用するつもりはありませんでした。しかし、IHGの良いところは、①日本国内にホテルが豊富なこと②他のチェーンよりもレートが安め③会員レベルがプラチナ以上で運が良いとラウンジアクセスが付く、ということで、また泊まろうかな~と最近思うようになりました(SPGはやっぱりレートが高いしねw)。

 

そこで。

 

以前から私が気になっていて、かつ日本では誰も話題に取り上げないIHGブランドについて、私なりに調べてみました。

 

 

IHGのサイトを見ると、一番上にIHGブランドがずらっと並んでいますね。

Intercontinental, KIMPTON, hotel INDIGO, EVEN hotels, HUALUXE, CROWNE PLAZA, Holiday Inn, HolidayInn Express, HolidayInn Resort, HolidayInn Club Vacations, STAYBRIDGE, CANDLEWOOD。

このうち、日本には、Intercontinental, CROWNE PLAZA, Holiday Inn, HolidayInn Resortの4つしかないという、なんともお寒い状況です。

その他のホテルは、アジア方面や北米、欧州が主なマーケットなっています(日本も一応アジアなんですがw)。

f:id:juneflyday:20170416232015j:plain

そのなかで、ずっと気になっていたのがHUALUXEというブランド。なんでも、中国にしかないブランドらしい

 

f:id:juneflyday:20170416232124j:plain

名前は、"HUALUXE HOTELS AND RESORTS"、中国語だと”華邑酒店及度假村”。「酒店」は中国語でホテル、「度假村」はリゾートでしょう。日本語ふうに言えば、”ファールクス・ホテルズアンドリゾート”ということになるでしょうか?笑

 

で、どんなコンセプトのホテルなの?というと、

f:id:juneflyday:20170416232129j:plain

公式サイトにはこう書かれています。(残念ながら中国語と英語サイトしかありません)

 

HUALUXEは、中国のお客様向けに特化した、世界初となる国際高級ホテルブランドです。私共のお客様には、「中国式作法」「お客様のステータスを大切に」「自然のなかでの疲労回復」「空間を有効活用する」という4つの原則をもとに、国際的に認められた中国式のホスピタリティを提供してまいります。ビジネス・エリートのお客様には、会合やイベントでのご成功を、HUALUXEにて真に楽しんでいただけるでしょう。

 

だいたいこんなことが書いてあります(私が意訳しましたw)。要するに、中国人ビジネスエリートに客層を特化した、中国色を全面に出した高級ホテルだよ、ということですね。公式サイトによると、ちゃんと外国人も泊まれるようです。

 

f:id:juneflyday:20170416235826j:plain

部屋はこんな感じ。価格帯はどうやらクラウンプラザ以上、インターコンチネンタル以下という設定のようで、そこそこのお値段ですが、新しい物件ばかりなのでハードは良さそうですね。中華高級ホテルは、ナメちゃいけませんよ。中国のシェラトンやヒルトンは日本の何倍も大きいし、部屋も広いし、それでいて価格は日本の半分くらいで済みますから。

 

では、中国のどこにあるのか?というと、まだ5つのホテルしかないようです。

f:id:juneflyday:20170416232132j:plain

・HUALUXE Yanjing City Center(阳江シティーセンター)

HUALUXE Haikou Seaview(海口シービュー)

HUALUXE Nangchang High-Tech Zone(南昌ハイテクゾーン)

HUALUXE Kunming(昆明)

HUALUXE Zhangjiakou(張家口)

なんか、全部どこそれ??という感じですよね笑 この中だとおそらく「昆明」もしくは「海口」が一番日本人にはアクセスがしやすそうな気がします。

「阳江」はマカオから西に100kmの地方都市、「南昌」は江西省の省都なものの上海と武漢の中間にある日本では聞き慣れない都市、「張家口」は北京の北西100㎞にある地方都市。

「昆明」と「海口」は大都市なので、中国各地から直行便が出ているので比較的行きやすそうです。もっとも、中国の場合、一つの市が巨大なためホテルが物凄く辺鄙なところにあったりすることは往々にしてありますが。笑

 

ちなみに、現在工事中なのは

HUALUXE Hainan Xiangshui Bay Resort(海南香水湾リゾート)

HUALUXE Ningbo Habor Ciry(寧波ハーバーシティ)

HUALUXE Wuhu(蕪湖)

HUALUXE Wuxi Taihu(無錫太湖)

HUALUXE Xiamen Haicang(厦門海滄)

の5つ。「自然での疲労回復」を謳っているだけあって、どうやら湖や海岸の畔に立地させる傾向にあるらしい。

 

ということで、中国でしか泊まれない"HUALUXE"、ここまで行ったなら本当にIHGファン?かもしれません。笑 物好きな私、今年中にどこかのHUALUXEに行って、「中国式ホスピタリティとは何ぞや?」を体験して来ようと思います。