読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てとエンドレスワンダーラスト

ホテル宿泊記・ヒコーキ搭乗記・世界放浪旅行。Hotels, Stays, Airlines, and Trips All Around the World.

おススメ花見・撮影スポット!「ひたち海浜公園」に行ってきた

 

f:id:juneflyday:20170428013328j:plain

▲公式ホームページより

つい先日、茨城にある『ひたち海浜公園』に行ってきました。ここは何と言っても一面に広がる青い花畑が有名な国立公園で、関東では有数の花見・撮影スポットです。記憶が新しいうちに、写真を余すことなく交えながらレポートしたいと思います。

 

公園入場

f:id:juneflyday:20170428014737j:plain

▲公園内の図(西口付近を拡大)

花見スポットの花畑に最も近いのが「西口」。このため、駐車場は「西駐車場」がおすすめです。

 

f:id:juneflyday:20170428010936j:plain

f:id:juneflyday:20170428010937j:plain

この日は早起きして、9:30開園のところ8時半過ぎに西駐車場に到着。その後9時くらいに駐車場が開き、チケットを買う頃には入門ゲートに長蛇の列ができていました。平日でもこの混み具合なので、土日はなおさらでしょうけど、公園内は広いので並ぶのは基本的に朝のゲートだけだと思います。

 

f:id:juneflyday:20170428010938j:plain

西口ゲートを抜けると最初に見えるのは噴水池。

 

f:id:juneflyday:20170428010939j:plain

f:id:juneflyday:20170428010940j:plain

池を通り過ぎ・・・

 

f:id:juneflyday:20170428010941j:plain

「みはらしの丘」への近道があります。この「みはらしの丘」が、ネモフィラという青い花が咲き乱れる花畑となっている。

 

 

f:id:juneflyday:20170428010942j:plain

森を抜け・・

 

f:id:juneflyday:20170428010943j:plain

こんな古民家の展示もあります。

 

みはらしの丘

f:id:juneflyday:20170428010944j:plain

丘の入り口に到着しました。西口ゲートから歩いて10分くらいでしょうかね。

 

f:id:juneflyday:20170428010945j:plain

f:id:juneflyday:20170428010947j:plain

f:id:juneflyday:20170428022558j:plain

こんな感じでネモフィラが咲き乱れています。よく花壇などにも植えられている花だそうですが、ここまで集まると綺麗ですね。花言葉は「あなたを許す」だそうな。

 

この日はカメラの練習も兼ねて来てみましたが、被写体が良いのでまずまずのものが撮れたと思います。

f:id:juneflyday:20170428010948j:plain

f:id:juneflyday:20170428010949j:plain

f:id:juneflyday:20170428010950j:plain

しかし、空は曇りということで天気がイマイチなのが残念でした。実はここは過去に2回来たことがあるので、その時の写真もご覧いただきたい。

 

f:id:juneflyday:20170428010932j:plain

f:id:juneflyday:20170428010933j:plain

天気が良いと、このように青空との共演が見事な気持ちが良い景色が見れます。

 

f:id:juneflyday:20170428010934j:plain

実はここは、秋には別の表情を見せてくれます。ネモフィラが植えられていた場所は、真っ赤なコキア(ほうき草)でいっぱいに。これもまた見応えがあります。これは3年前に訪れた時の写真です。

 

f:id:juneflyday:20170428010935j:plain

夏(8~9月上旬)はこのコキアは緑色なんだそう。それもまた良し、ですね。

 

f:id:juneflyday:20170428010927j:plain

丘のふもとには秋桜が咲き乱れます。秋桜と聞くと、♪こんな小春日和の穏やかな日は~という歌詞が思い浮かんできますw

 

チューリップ・ワールド

f:id:juneflyday:20170428022631j:plain

ネモフィラの存在感・知名度が凄いので影に追いやられがちですが、西口近くにある「チューリップ・ワールド」も一見の価値があります。

 

f:id:juneflyday:20170428010951j:plain

何種類もの色が混ざる花壇のエリアもあれば・・

 

f:id:juneflyday:20170428010953j:plain

黄色と紫

 

f:id:juneflyday:20170428010954j:plain

ピンクや・・

 

f:id:juneflyday:20170428010955j:plain

珍しいところではオレンジ色のチューリップも見られます。

 

f:id:juneflyday:20170428010952j:plain

カメラのエフェクト機能を使うと、こんな写真も撮れます。

 

アクセス

「ひたち海浜公園」へのアクセス方法は主に3つあります。

f:id:juneflyday:20170428030757j:plain

 

①自家用車…公園近くまで有料道路が延びており、出口からすぐ。ネモフィラの丘への最寄り駐車場は「西駐車場」(シーズン時は朝早めに行かないと満車になります)

 私は今回は車で行きましたが、高速代往復約5000円(千葉県から)、駐車場代510円、ガソリン代約2000円、合計7000円超と結構な出費になってしまいました。節約派には公共交通機関の利用がおススメです。

②JR常磐線 勝田駅から路線バス(茨城交通バス)を利用

 これがおそらく最も楽な手段。勝田駅から公園までは片道400円、シーズン期間は臨時便の運行あり

③勝田駅から、ひたちなか海浜鉄道 阿字ケ浦駅(終点)で降車→バスまたは徒歩で公園まで

 旅行気分を味わいたい人にはぴったりのアクセス方法です。笑 阿字ケ浦駅から公園(海浜口)までは、シーズン期間には無料のシャトルバスが運行されます。徒歩でもなんとか歩ける距離です。最初に公園を訪れたときはこの方法で行きました。参考までにその時の写真を載せておきます。

f:id:juneflyday:20170428010928j:plain

ひたちなか海浜鉄道は、首都圏では貴重なローカル線気分を味わえます

 

f:id:juneflyday:20170428010929j:plain

▲終点の阿字ヶ浦駅。どこのローカル線かと思うほど小さい駅です。

 

f:id:juneflyday:20170428010930j:plain

▲駅から公園までは、海岸のそばの道を通るので気持ちが良い

 

f:id:juneflyday:20170428010931j:plain

▲徒歩の場合、駅からネモフィラの丘まで合計30分くらい歩きますが、運動には良いかもしれませんw

 

ということで、ひたち海浜公園は春~秋を通しておススメできる観光スポットです。東京からのアクセスは一苦労ですが、その分景色は一見の価値ありです。サイクリングやアトラクションもあるので、家族連れでも楽しめます。ネモフィラの見頃はGW明けまでなのでお早めに!

 

【ひたち海浜公園】

営業時間:9:30〜17:00(季節により異なる)

入園料:15歳以上410円、65歳以上210円、小中学生80円

見頃:ネモフィラ4月中旬~5月上旬、コキア(緑)8~9月上旬、コキア(赤)10月

公式ホームページ:http://hitachikaihin.jp/