読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てとエンドレスワンダーラスト

ホテル宿泊記・ヒコーキ搭乗記・世界放浪旅行。Hotels, Stays, Airlines, and Trips All Around the World.

ヨーロッパ周遊旅行回想録(16)憧れのモロッコを行く⑥内陸の古都メクネスへ


www.endlesswanderlust.online

▲前回の記事はこちら

 

ラバト観光を終え、内陸のメクネスへと移動します。メクネスはかつて半世紀ほどだが首都だったことがあったが、その後マラケシュやフェズが栄えていき、今は古都としてひっそりと佇んでいるとのこと。当初は予定になかったのだが、モロッコに着いてから情報収集したところ、ちょうどラバトとフェズの間に位置するので一泊してみることに。

下の図で言うと、今日はラバト→メクネスの列車移動です。

f:id:juneflyday:20170220202748j:plain

ラバト→メクネスの移動

f:id:juneflyday:20170405053455j:plain

ラバトVille駅に戻ってきました。ラバト→メクネスは国鉄で約2時間の道のり。

 

f:id:juneflyday:20170405053456j:plain

駅で適当に買ったアップルジュース。ラバト→メクネスの運賃は65MAD(≒700円)でした。

 

f:id:juneflyday:20170405053457j:plain

列車に乗り込みます。今日はまた違ったタイプの車両。今回は長距離列車用?の客車です(ストラップの映り込みスミマセン)

 

f:id:juneflyday:20170405053501j:plain

列車内は・・・

 

f:id:juneflyday:20170405053502j:plain

f:id:juneflyday:20170405053458j:plain

欧州風のコンパートメントの座席で良い感じ。これは映画みたいで旅情がありますね。

 

f:id:juneflyday:20170405053459j:plain

汚い写真になりますがw、トイレも一応使えるほどの清潔さではあります。アジアの古い車両のトイレはもっと酷いですから。

 

f:id:juneflyday:20170405053500j:plain

なぜか紙がピンク色でしたw

 

f:id:juneflyday:20170405053503j:plain

列車はどんどん内陸に進みます

 

f:id:juneflyday:20170405053504j:plain

f:id:juneflyday:20170405053506j:plain

どこか、スペインやイタリアのような風景ですね。モロッコでこんな景色が見られるとは思いませんでした。

 

f:id:juneflyday:20170405053505j:plain

それもそのはずで、メクネスはモロッコのワインの名産地らしいです。それだけ南欧の気候・植生に似ているということでしょう。

 

メクネスでどうにか旧市街に辿り着く

f:id:juneflyday:20170424220335j:plain

そろそろメクネス内に入ってきました。が、ここで問題が・・ メクネスには大きい駅が二つあり、Gare Al Amir Abdul Kaber(アル・アミール・アブドゥル・カベ)とMeknesのうち、前者が新市街にも旧市街にも近いのだが・・急きょ決めた予定のためそこまで理解しておらず、勘違いしてMeknes駅まで乗ってしまったのでした。

 

f:id:juneflyday:20170405053507j:plain

駅を降りてGPSを確認して、どうやら駅を間違えていたことがやっとわかりましたw

 

f:id:juneflyday:20170405053508j:plain

とは言ってもここまで来てしまったので、どうにか旧市街に行く方法を見つけなければ。

 

f:id:juneflyday:20170405053509j:plain

通行人や駅員に聞いたところ、どうやら路線バスがあるらしい・・

 

f:id:juneflyday:20170405053510j:plain

無事路線バスに飛び乗りました

 

f:id:juneflyday:20170405053511j:plain

旧市街と新市街の間には谷があり、ちゃんと旧市街に進んでいるよう。

 

f:id:juneflyday:20170405053512j:plain

f:id:juneflyday:20170405053513j:plain

無事旧市街入口に到着しました。汗

 

f:id:juneflyday:20170405053514j:plain

メクネスはあまり観光化されていないので、ローカルな様子が見れます。

 

f:id:juneflyday:20170405053515j:plain

東南アジアのナイトマーケットに似ていますね。人の様子や服装から、あまりアフリカっぽさは感じません。

 

f:id:juneflyday:20170405053516j:plain

良い具合に暗くなってきました。

 

ホテルに突撃

f:id:juneflyday:20170424220640j:plain

メクネスにも宿はいくつかありますが、ウェブで予約ができるところはちょっと高めです。ここでもまた当日滑り込みで今晩の宿探しに挑戦。

 

f:id:juneflyday:20170405053517j:plain

旧市街のメインゲート、マンスール門

 

f:id:juneflyday:20170405053519j:plain

ホテル・レストランが立ち並ぶエリアに入ると、良い雰囲気(危険な香りもする)な路地ばかりに。

 

f:id:juneflyday:20170405053520j:plain

歩き方に載っていた、まともそうな宿、Moroc Hotelで交渉。

 

「今日部屋は空いているかい?」

「あぁ」

暖かいシャワーは出るかい?」←ここ重要

「もちろんさ」

 

ということで、あっさりと交渉成立。レートは一人部屋素泊まりで2000円弱だったと記憶しています。

 

f:id:juneflyday:20170405053518j:plain

(▼参照)昨日の宿よりも、荷物を置くスペースもあるし、デスクもあるしでかなりマシになりました。笑

www.endlesswanderlust.online

 

f:id:juneflyday:20170405053537j:plain

f:id:juneflyday:20170405053538j:plain

これは翌朝撮った写真ですが、まずまずのエコノミーホテルだったと思います。今回モロッコで泊まったなかでは一番良かったかも笑

 

夜のメクネスを散策

f:id:juneflyday:20170405053521j:plain

ホテルの前はこのようなレストラン・ショップ街になっている。

 

f:id:juneflyday:20170405053523j:plain

道端から見える、香ばしいソーセージが目に留まり・・

 

f:id:juneflyday:20170405053522j:plain

1個買ってみました。おそらく、ラム?のソーセージと玉ねぎをパンに挟んだだけのものですが、これは美味かった。100円くらいでした。

 

f:id:juneflyday:20170405053525j:plain

それだけでは足りないので、別のレストランに入り・・

 

f:id:juneflyday:20170405053526j:plain

サラダを注文。ポテトとトマト、穀物のサラダで、300円くらいだったかなぁ?

 

f:id:juneflyday:20170405053524j:plain

腹ごしらえした後は夜の街を散策してみます。

 

f:id:juneflyday:20170405053527j:plain

f:id:juneflyday:20170405053528j:plain

城壁に囲まれた古都メクネス、良いですね。途上国にありがちな「街灯が薄暗くて不気味な路地」ということもなく、十分明るいので治安が悪い感じはしません。

 

f:id:juneflyday:20170405053531j:plain

f:id:juneflyday:20170405053532j:plain

城壁とランプの組み合わせが何とも言えない雰囲気。

 

f:id:juneflyday:20170405053533j:plain

この時は過ごしやすい気温でしたが、年中通して寒くはならないので、こういう植生も見られます。

 

f:id:juneflyday:20170405053535j:plain

路地裏はさすがに雰囲気があり過ぎますねw ただ、モロッコは政情的にも安定していいてフランス語が通じるので、私が安心しきっていたのかあまり怖いという感じはしません。特別治安が悪いところでなければ、どこの国でも夜の散策もありですね。オドオドしているのが一番カモになってしまいます。女性も、タフな方は是非。

 

f:id:juneflyday:20170405053534j:plain

急遽予定に組み込んだメクネス、来て正解でした。静かな古都の夜は更けていきます。

 

▼次の記事はこちら

www.endlesswanderlust.online